お知らせ
いらっしゃいませ ゲストさん

プレミアムグラスtop > 江戸硝子

江戸硝子

受け継がれる江戸の粋

江戸硝子イメージ

江戸硝子とは、旧江戸地域(現在の東京地方)で、江戸時代から続く手作りの技法で作られるガラス製品です。
高温で溶けたガラスを吹き竿で巻き取り、息を吹き込むなどの熟練の職人技によって自在に形を作り出す技法で、その技術は耐えることなく引き継がれてきました。
江戸時代からの伝統と技法は職人たちの手で守り伝えられ、現在でも東京地方では、昔ながらの手作業による硝子づくりが受け継がれ産業として営まれています。

江戸硝子は2014年に国の伝統的工芸品として経済産業大臣の指定を受けました。

伝統的工芸品

国の伝統的工芸品とは、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(「伝産法」)に基づき経済産業大臣が指定したもので、下記の指定条件を備えていることが必要とされます。
「伝統的工芸品」という呼称は、「特徴となる原材料や技術・技法の主要部分が今日まで継承され、その持ち味を維持しながら産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」という意味です。

江戸硝子イメージ

現在登録されている商品はありません

pagetop